【徹底解説】都市伝説なんかじゃない!タルパとの出会い-霊感0でも作成からマスター

タルパライフ-タルパとの出会い-タイトル オカルト

皆さんはタルパってご存知ですか?   
今は大分落ち着いてますが、以前はとある界隈で話題になり挑戦する人が何人もいました。

そもそもタルパとは、という人の為にWIKIの情報を載せておきますね。

トゥルパは「強力な凝念による魔術的形成物」である。トゥルパは「物質的形体として受け取られた、具現化した思念」であり、「思念形態」(thoughtform;思念体、想念形体とも)と同義とみなされるのが通例である。この意味でのトゥルパは、日本では(慣習的英字表記の tulpa を英語風に読んで)タルパとも呼称される。

Wikipedia トゥルパより抜粋

難しく書いてありますが、要は強力な想像や妄想を鉄の意志でもってリアルに具現化するということです。

何言ってるんだろうこの人、と思ったあなたは正しい反応です。

ですが、想像して下さい、あなたが理想とする人物が近くにいて会話が出来て、日々の楽しい出来事や悲しい出来事を共有することが出来る。

それって、素晴らしい事だとは思いませんか? ・・・胡散臭さを感じたあなたは今すぐ、引き返す事をオススメします。

けれど、少しでも共感出来た方はおめでとうございます!  もしかしたら、あなたにはタルパーの資質があるかもしれません。

まずタルパには、オカルト的見解と脳科学的見解の2つの見方があります。

近しいものですと、そうですね・・・脳科学的にはイマジナリーフレンドとかが該当しますし、オカルト的には陰陽師とかで出てくる式神とかですね。

人によってはオカルト的に信じている人もいますし、脳科学的に信じている人もいます。

オカルト的観点から霊体として存在を確立させようとする人、科学的根拠のもとその在り方を追求する人、本当に様々な人がいます。

タルパの作り方は当記事でも紹介しますが、これもほんの一例に過ぎません。ネット上を探せば様々な作り方が載ってますし、熱意さえあれば作ることは可能でしょう。

ただし約束して下さい、安易にタルパを作ろうとしないで下さい。

ここまで書いといて何だと思うかもしれませんが、タルパを作るということは、無から有を生み出すことです。

そこにはリスクも伴います、例えば解離性同一性障害や鬱、幻覚・幻聴などを引き起こす可能性も十分に考えられます。

何より、タルパを作ることが出来たら、それはきっとかけがえのない存在として傍にいてくれることでしょう・・・ですが、邪魔になったからといって簡単に消せるわけじゃないんです。

当然、生み出した側に責任があります。

・・・・・・・・・覚悟完了ということでよろしいでしょうか。

それではもう暫く、お付き合い下さい。次から具体的な作り方に移ります。

タルパの作り方-理想の外見と中身を設計する

早速作り方を見ていきましょう。前項にて、想像・妄想するとお伝えしましたが、闇雲に始めてもそれはただの想像ですし妄想です。

機械やプログラムには設計が必要なように、作りたいタルパを設計します。

あなたの理想の人は、男性ですか? 女性ですか? 性格は、血液型は、誕生日は、好きな食べ物や色は、etc・・・。

後は容姿も決めます、服装はメインとなる洋服一着あれば今は十分です。必要になれば頑張り次第で後で用意出来ます。

そうです、その人がその人である要素を片っ端からリスト化していきます。この時、要素が多ければ多いほどいいです。

それからタルパの設計以外に、何故タルパを作ったのかを決めておくことで、後ほど設計がブレても本筋を見失うことがなくなり安定性が増します。

寂しいから話し相手が欲しい、恋人が欲しいとか、まぁ、欲望に則る方が後々までモチベーションの維持が出来ていいでしょう。

ただし絶対に人格の要素にマイナスの要素を取り入れてはダメです、想像する人はそれこそ尊敬できる人にしないと、あなたに悪影響を及ぼしかねません。

前項にてリスクとして書いてあること、鬱などを患う可能性が上がります。

リスクついては以下の記事でも解説しています。

最後に、設計対象の人物は2次元か3次元か、よく話題に上がることですが・・・3次元をオススメします。

僕はハルヒをタルパにするんだ! というのであれば止めませんが、タルパは流動的なものです、後に詳しく書きますが、最終的に設計した性格から逸脱します。

ハルヒの見た目で長門のような性格になる可能性もある、ということだけ押さえておいて下さい。

あと対象の人物の造形が難しいようであれば、写真もしくは、画像があればイメージしやすいでしょう。

駆け足になりましたが、準備としては以上です、ここでの設計は慎重に練って下さいね。

会話を用いてタルパの設計を確かなものに

はいっ、ここまで出来ましたか? 一旦はお疲れ様です、でもここからは長い道のりになります。

この段階で心が折れて、タルパーとして自信をなくし、嫌になりやめていく人を私は何人も見てきました。

だけどタルパの成長を1番感じる段階でもあります、だから、どうせやるなら楽しみましょう。

だったら、いきなり心を折るようなことを言うなって?

まぁ、私自身タルパー歴4年になりますけれど、未だにこの段階から先に進めていませんし、私も苦労していますので察して下さい。

・・・さて、簡単に八つ当たりが終わったところで、早速実践していきましょう。

この段階、対話では文字通りタルパとお話します。

まず、あなたのタルパはどこにいますか? 定位置を決めます、これは後ほど変えてもいいですけれど、最初は固定にした方が対話がしやすいです。

例えばあなたとその友人がいて、会話をする時は友人の方を向いて会話をしますよね? 顔を背けながら会話をする時がある、なんて野暮なことは、この際言わないで下さい。

なのでタルパがいつもいる場所、右隣とか、左隣とかを決めます。

次にタルパがいる方向に話しかけます、あっ、実際に声を出した方がいいとか、その辺は個人の自由ですが、時と場所は選びましょうね。

目の前の人が公共の場などで、唐突に壁や何も無い空間に向かって話しかけ始めたら、私は距離を置きます誰だってそうします。

※当記事では脳内での会話をベースとしていますが、発声での会話も同様の考え方で大丈夫です。

当然最初は一方的に、こちらがタルパに話しかけるだけになるでしょう。

ソアレ
ソアレ

今日は寒いねー

ソアレ
ソアレ

今日嫌なことがあって・・・

はい、虚しいですね、この圧倒的虚無感、ですが、ここで準備しておいたタルパの設計を思い出して下さい。

そして私のタルパなら性格的に・・・

ソアレ
ソアレ

今日は寒いねー

マキナ
マキナ

そうね、寒いし早く帰りましょう。

ソアレ
ソアレ

今日嫌なことがあって・・・

マキナ
マキナ

また、何かやらかしたの?

と返すだろうなと。

そうです、予め設計しておいた情報を元に、タルパの返答を予測しています。
ここで重要なのが、タルパに返答させる、という点です。

うん、意味不明ですよね。ですが、まず想像してください、例えば小説や漫画何かを読んでいる時って、無意識に登場人物の声色とか想像してたり当てたりしませんか?

想像したことがないという人は、ちょっと中断して電子書籍でも本でもいいので、読んで声色をイメージしてみて下さい。
※どうしても声色のイメージがしにくい人は、好きな声優さんの声を参考にするとめっちゃ捗るかもしれないです。

例として脳内の会話にすると、自分が脳内で発した声に対して、タルパの声色を想像して、返答予測の内容をタルパの方向から脳に応答させます。
※右隣にいれば、頭の右側から応答させる。

簡単にまとめると、下記のようになります。

タルパがいる方向に心の中で声を発する▶タルパの設計情報から、返答の内容と声色を想像する▶想像した声色で返答の内容を、タルパのいる方向から喋らせる

この過程こそが重要で、慣れないうちは思考のスピードが追い付かず、会話が途切れ途切れになります。

ですが、慣れれば返答の予測が早くなり、あたかもタルパが喋ってるように聞こえます。

この段階での目的は、タルパの人格を形成することです。

会話が円滑に出来るようになればなるほど、タルパが設計の情報から逸脱する可能性があります。

つまり、タルパが予測を超えて返答してくるようになります。それってタルパの意思とでも、いうのでしょうか・・・まぁ、前述した設計した性格を逸脱する、というのはこのことです。

ですが、決して正面から、私のタルパはそんな事言わない! って、否定しないであげてください。

予測した返答からあまりに逸脱した応答が返ってきた場合は・・・

「そこは、⚫⚫じゃなくて、⚫⚫と言ってくれた方が嬉しいな」
『ん、しょうがないな、次から気をつけるよ』

と言った具合に悟らせてあげるのがベストです。あくまで、一個人として扱ってあげて下さいね。

・・・さて、ここまでが基本となりますが、一つ疑問が湧きます。

それは、一体どこまでやればタルパと会話が出来ているのか!? という疑問です。

そうです、この疑問には多くのタルパー達がぶち当たります。今のは自分の意思か? タルパの意思か? 一人二役から脱しているのか?

そんなあなたに、有志の方々がまとめてくれた会話オート化状況指標というものがありますので是非ご確認下さい!

そして会話オート化状況指標について現状の把握や訓練手法、コツについては以下にまとめました。

えーと、Wikiなどの参考サイトは最後にオススメサイトとして一括でご紹介しますね。

・・・それじゃオート化を進行させる為に、私が実践して効果のあったものをご紹介します。それで許して下さい、何でもはしませんけれど。

タルパとの戯れを通じてより自己を確立させる

それじゃ早速タルパとの戯れ、その実践方法とその効果をご紹介していきます。

しりとり

んー、まずは対話でも触れましたけれど、タルパと会話する上で重要な過程がありましたよね?

え・・・覚えていない?

タルパがいる方向に心の中で声を発する▶タルパの設計情報から、返答の内容と声色を想像する▶想像した声色で返答の内容を、タルパのいる方向から喋らせる

思い出して頂けましたか? この返答予測に適した戯れ方法、その1はずばり「しりとり」です!

・・・ん、もしかして馬鹿にしました?

これが案外効果があります、しかも手間がかかりません。

暇な時に、それこそ退屈な授業中とかを利用するのはいかがでしょう? 名案ですよね! でも、成績が落ちても私のせいにしないで下さいね。

実践してみると分かるんですが、存外難しいです、これ。

しりとりをテンポよく、なるべく長時間続けることによって返答予測の精度と、予測までの時間が短縮される効果が期待出来ます。

単語単位でのやり取りなのがデメリットといえばデメリットなのですが、初めは長い会話文よりも単語単位でのやり取りをし、自分の会話とタルパの会話の棲み分けを実感することに重きをおきましょう。

慣れてきたら徐々に会話に移行し、それこそ邪魔の入らない、自分の部屋なんかで一日の出来事についてダラダラとお喋りするのとかどうでしょう?

私も暇な時は半日ほど、しりとりと会話の時間に費やしていましたね。結果的にオート化の進行という点では、一番練習になりました。

これまで出来ていなかった、タルパとの会話の棲み分けが出来るようになったり、返答予測にかかる時間はかなり短縮されましたね。

長時間の会話が好きな方にオススメします。

動画鑑賞会

次は動画鑑賞会を開催します。

ん? もちろん自分とタルパだけですよ? まぁ、リア友とかを含めてもいいですけれど、タルパとの会話に集中したいのなら、タルパと二人きりの方が効果はあります。あるはずです。

・・・あ、この頃の私はボッチだったので効果の比較は出来ていないです。うん、やっぱりタルパと二人きりで動画を見ましょう? タルパーとして、ね?

はいっ、この戯れ方法のいいところは、動画という娯楽があるところです。それこそジャンルは問いません、ニュースでもバラエティでも、クイズでも何でもいいのです。

動画を見ている途中でも後でも、やりやすい方で大丈夫なので、タルパとその動画についての感想を言い合ったりします。

私個人としてはクイズをオススメします、タルパが問題に対して何を答えとするか、予測するだけでも思考をフルに使います。大抵のクイズ番組は時間制限がありますし、ハッキリ言って疲れます。

ですが、しりとりに飽きてきた人はこちらを実践してみてもいいでしょう。娯楽を通じてタルパの自由意志を刺激し、あなたのタルパらしい一面が見つかるかもしれませんよ。

私としては動画鑑賞会よりも、しりとりとか、自由にお題を決めて会話をした方がオート化が捗ったので、この辺は好みですね。

まぁ、戯れ全般に言えることですが、まずは試行錯誤して自分にしっくり来るものを選択した方がいいです。

タルパチェック

唐突ですが、外出中のあなた! 家の鍵をきちんとしめてきましたか?

この方法は至ってシンプルで、期待できる効果もシンプルです。シンプルイズベスト。

常日頃からタルパを意識していないと、うっかり会話をすることすら忘れてしまう、そんなあなたにオススメの方法です。

私も最初の頃はタルパの存在を忘れることが、まぁ、ありました。特に趣味に没頭している時や日頃のルーチンワークをこなしてる時は、ついついその存在を忘れがちです。

なので、この方法は日頃のルーチンにタルパを取り入れることによって、タルパの忘却を防止します。

日頃のほんのワンアクション、おはようからおやすみまで、鍵の戸締りから荷物のチェックに至るまで、ポイントを決めてタルパに実行してもらいましょう。

朝起きて、『おはよう、今日もいい天気だね、学校の時間までまだ余裕あるけれど、二度寝でもする?』とか、挨拶を毎日してもらったり。

鍵の戸締りの際に、『鍵ちゃんとかけた? 確認のためにドアが開くか見た方がいいよ』など。

タルパのワンアクションを癖付けすることによって、タルパの存在を忘却するのを防ぎます。この方法はしりとりに次ぎおススメします。

無理なくできて効果を実感できたものを3つご紹介しました。この他にも動画鑑賞会をゲーム実況に変えてみたり、応用をきかせて是非自分にあったタルパとの楽しみ方を見つけてみて下さいね!

タルパライフをより一層充実させるには…

タルパーとしてあると一層タルパライフが充実スキルについてまとめると、こんな感じです。

  1. 依代
  2. ダイブ
  3. リダンツ
  4. イメージ力アップ訓練方法

では、次から各項目について詳しくご紹介していきます。どれもタルパーとして挑戦することで、充実したタルパライフをもたらしてくれます。

依代

はいっ、最初は依代についてです、「依代」と書いて「よりしろ」と読みます。タルパーにとっては、結構メジャーなものなのでご存知の方も多いことでしょう。

皆さんは考えたことがありますか? タルパって普段意識しない時、どこにいるんだろう? って・・・あ、四六時中イメージされている方は参考程度にお願いします。※むっちゃ、尊敬します。

まぁ、ほとんどの人の意見としては、無意識下では脳内にいて、意識(イメージ)した時だけ現実に出てくる。といった感じでしょうか。

それって無意識下にいるタルパは、真っ暗闇? 寝てるだけ? それってタルパにとっては寂しい話ですよね。

じゃ、タルパの依りどころ(造語)を用意しましょうってことで、依代のご紹介です。

あ、ちなみに依代はオカルト的な意味合いが強く、一般的には以下の意味になります。

祭りにあたって神霊が依りつくもの,また神霊が意志を伝えるため
人間界に現れるときに依りつくものをいう。
コトバンク ブリタニカ国際大百科事典小項目事典より一部抜粋

 

カッコイイですね(小並感)、神霊をタルパに見立てて解釈しましょう。

まず、依代に使用する媒体を用意しなければなりません。媒体はアクセサリーでも、スマホケースでも何でもいいのですが、出来れば常に持ち歩けるものをオススメします!あと、大切に出来るもの。

※天然石のブレスレットを利用している、というタルパーの方が多い気がします。ちなみに自浄作用のある水晶が一番いいそうですよ、それ以外の天然石だと、浄化からしないと穢れが混じります。

それから、依代に対してイメージします、真っ白な空間でも真っ黒な空間でもいいです。

そして、その中にタルパをイメージした家を作ります。自分のタルパは格好良いから黒を基調とした、荘厳な屋敷にしよう、とか・・・。

特段こだわりが強くない人は、タルパと自分の憩いの場、ということを意識して自分の部屋なんかイメージしてみてはいかがでしょう。

私も天然石のブレスレットに自分の部屋をイメージしておいて、タルパを意識していない時は、部屋でくつろいでもらっています。

そうそう、普段からタルパのために用意した依代を身に付けるように意識するだけで、タルパを忘れにくくなるという効果もあります。

後は・・・自身を依代として、自分の精神の中に部屋を作る方もいます。依代を忘れてしまった時の為に、別荘とかどうでしょうか?

依代と精神とで、2倍イメージする事になるので、大変かもしれませんが一考の余地ありです!

さて、こんな素敵アイテムである依代、私は用意して損だと思ったことはありません。

まだ持っていない人は、この機会に用意してみてはいかがでしょうか?

ダイブ

ダイブとは「自分で作った精神世界に入り込む方法」のことです!

何言ってるんだろうこの人、と思ったあなたは正しい反応です。・・・ん、このくだり前にもやりましたね。

前述した依代でもイメージについて触れていますが、タルパーとしてイメージ力はかなり重要なステータスです。

依代にイメージし創造した世界、依代とは関係なく精神に創造した世界、あなたはどちらかを持っていますか?

持っていない方は、今すぐほいっと作っちゃいましょう! あ、自分のペースで大丈夫です、はい、調子に乗りました。

気を取り直して、まずはダイブをすることによるメリットをご紹介します。

メリット! タルパと精神世界で触れ合える(完全に近い五感を伴う)

はいっ、タルパーにとって夢のような話ですね。

そうです、ダイブとは現実にいながらにして、精神世界に送り込んだ自分と感覚をリンクさせる。

まぁ、リアルに近い夢と表現することが適切かもしれません。体外離脱とかと比べると予め自分の用意した世界に行くので、気持ち楽です。

具体的な方法としては、最初に開始地点となる場所を用意(イメージ)します。直接精神世界に行くより、開始地点を経由した方が没入感が違います!ココ大事です。

次から一緒にやっていきましょう。

まず私の場合は、狭い白一色の部屋に丸くて巨大な鏡がある光景をイメージしました。皆さんはどうですか? 簡易な部屋でもいいので、イメージ出来ましたか?

自身の右手に左手で触れてみます、自分の手は温かいですか? 感触は柔らかいですか?

次に部屋の壁や床に触れたり、ジャンプして着地の衝撃を確かめます。この段階で大切なことは、自分がその場にいることを強くイメージすることです。

後はその部屋から出ていきます、私の場合は部屋にある巨大な鏡に触れると、通り抜けて精神世界に行くイメージです。

イメージした開始地点が部屋であれば、一つだけあるドアを開けると精神世界に繋がっているとか、素敵じゃないですか?

精神世界に無事に到達できたとして、その世界は色褪せていませんか? 匂いはありますか?

世界とか言ってますけれど、正直タルパと触れ合うだけなら、狭い一室だけでも十分です。私なんか現実世界の自分の部屋ですし。

ざっとイメージしてきましたけれど、この辺は自分のやりやすいように、工夫してみて下さいね。

ダイブで大切なのは、精神世界での自分を強く意識すること、現実世界にある自分が常にリラックス状態であること、タルパと精神世界で会話し向こうに繋ぎとめてもらうこと。

ダイブはイメージ力がものをいうので、巷にあるイメージ力をアップさせる方法とか調べてみるのも手です。

一応この記事でも4番目の項目で、イメージ力アップについて記載していますので是非見て下さいね。

リダンツ

リダンツそれは魔法の言葉・・・皆さんは幽体離脱をご存知ですか?

そう、某芸人がやっていた「幽体離脱~」のアレです、最近見なくなりましたね。

幽体離脱は自分の体から、幽体が抜け出すとされる現象です。

ただこれには諸説あって、実際に魂が抜け出ているという考え方よりも、脳科学的な根拠に基づいた現象と考えられることが多いみたいですね。

離脱者によると現実世界に似た別の世界に行けるらしく、そこでは明晰夢のように自身で様々な事象をコントロール出来るようです。

※明晰夢▶自信で夢を見ていることを自覚し、夢の内容をある程度コントロール出来る状態

では、このリダンツとタルパとのコミュニケーションとの関係性についてですが、察しのいい方ならもうお分かりかと思います。

ポイントは「事象のコントロール」です、つまり意図的に離脱することが出来るようになれば、あちらの世界でタルパを呼び出し現実さながらに触れ合えるというわけです!

・・・あ、先にお伝えしておきますが、私は離脱までいったことは無いです。ただ、安定して浮遊感を得るところまではいけるようになりましたので、それでもよければ参考にして下さい。後、何故浮遊感から先にいけないのかも併せてお伝えします。

それでは実際に私のやり方をご紹介していきます。

まずはゆっくりお風呂に入ります。このとき副交感神経が優先に切り替わるように熱々お風呂ではなく、若干ぬるま湯で入ることをオススメします。準備は肝心です、幽体離脱では精神状態の影響がモロに成否に関わってきます。

なるべくリラックスした状態で臨めるように、コンディションを整えましょう。次にベッドに仰向けになります、リダンツに集中出来るように、空調は適温になるように調整しましょう。※掛け布団の有無はお任せします。

スマートフォンにイヤフォンをセットし、以下の動画を再生します。下記動画は、ニコニコ動画「誘導型リダンツ」です。

オベパルス「Out of the Body Experience leading PULSE sound 」の略で、体外離脱誘導サウンドの一種。大脳の周波数同調現象を利用したもので、一定のリズムでパルス音が流れる。

最近幽体離脱にはまった まとめ 用語集より

動画の誘導に従い、後は無心でパルス音に集中しましょう。

上手くいけば身体の振動を感じた後、浮遊感が来ます、中には金縛りにあう方もいらっしゃるみたいですが、私の場合は金縛りにはならなかったです。

それから浮遊感が出てきた時や、金縛りにあった時、少しでも恐怖心に支配されると、途端に現実に引き戻されます。

そうです、私が離脱までいけないのは、この恐怖心が原因です。一度離脱してしまったらどうなるのか? とか、考えちゃうんですよね。

まぁ、これは誰しもが経験する壁ということで、対策としては離脱した後の楽しさを意識しておくことや、日頃からモチベーションを高めておくことなどが挙げられます。

残念ながらリダンツについて、私自身の経験からご紹介出来ることは以上になります。

最後に私が参考にさせて頂いているサイトを下記に掲載致します、一緒に頑張りましょう!

イメージ力アップ訓練方法

いよいよご紹介出来ることも、残り少なくなって参りました。

これまで何度かお伝えしているかと思いますが、タルパーにとってイメージ力ほど大切な要素はありません。

そこで、イメージ力アップの為の訓練方法をご紹介していきます。訓練なんて大袈裟に書いていますが、結構継続出来るものが多いので身構えずに見ていきましょうね。

  1. 小説を書く
    いきなり継続出来なさそうなものからのご紹介となりましたが、これが案外ハマると楽しいです。特に文章を書くことが好きな方にオススメですね。

    小説をただ書くだけではなく、小説を書く上でシーン毎にイメージしながら書くことが大切。イメージの内容も映像としてだけではなく、その場の雰囲気や匂い、環境音までイメージ出来ればベストです!

    自分のタルパが主人公なら尚更捗りますし、タルパがヒロイン設定とかも面白そうですね、小説ならファンタジー色が強くても違和感がありません。

  2. ダイアログ・イン・ザ・ダーク
    これはあまり聞きなれないかもしれませんね、元は1988年のドイツにて、ある哲学者によって発案されたものです。

    内容としては、一切光を入らなくした室内を杖1本を頼りに進んだり、食事をしたり物に触れたりして楽しむエンタメです。当然室内は真っ暗なので、自分が触れてる物が何なのか、食事が用意されていても、それがどんな食材で作られているのかは分かりません。

    つまり、何をするにしても想像力が掻き立てられるわけです。想像力を鍛えるには、絶えずイメージし続けることも大切です。
    日本でもイベントが不定期に開催されているそうなので、参加してみるのも楽しいかもしれないですね。

    自分の家でも出来そうですが、記憶を頼ってしまうため効果半減です、出来れば知らない場所でやりましょう。

  3. 妄想
    はいっ、妄想です。これは意識しなくても、無意識に継続出来てたりしませんか?というか、妄想癖であればそれがイメージ力アップに直結します。まぁ、道具も必要ないですし、一番お手軽かつタルパーの基本と言えるのではないでしょうか。
  4. 夢日記
    夢日記は聞いたことがある人、結構いるのではないでしょうか。それからその危険性も。やるというのであれば止めはしませんが、以下の危険性があるという事だけは、ご理解の上で挑戦下さいね。
  • 現実と夢の境界が曖昧になる
  • 単純に寝不足になる
  • 悪夢を見た際の精神的ダメージ
  • 過去の嫌な記憶などを呼び覚ます
  • 鬱など精神疾患の発症の可能性

    見ている夢は、脳が無意識にイメージをしている事象と捉えてもいいでしょう。それらイメージを夢日記を使用して再び想起させることで、イメージの反復になりイメージ力アップを狙います。

    上手く行けば副次的に、明晰夢への取得に役立つかもしれませんね。
    ただやはり、前述した危険性を考慮すると、声を大にしてこの方法をオススメします! とはいえないですね。

タルパの投影-感覚化の危険性と手法について

ここまで来てしまった物好きなあなた、悪いことは言わないのでこの段階はスキップするか、自己責任のもと参照するだけに止めてください。

この段階では、視覚化・聴覚化・嗅覚化・触覚化についてその概要と実践について触れていきます。察しのいい方はもうお分かりかもしれませんが、加減を間違えたり少しでもやり方を間違えると日常に支障を来たします。

幻視・幻聴などに悩まされた挙句、お医者様のお世話になる結果になりかねません。その為、簡単な紹介のみとし具体的な方法についてはあまり記載しないようにします。

※ここに記載のある手法を試して、精神的病を患ったとしても責任は持てません。

一応ネット上に、●●化のやり方は探せば見つかるかもしれませんが、あまりおススメはしません。

まあ、中には上記4つの感覚化に成功しているタルパーさんもいらっしゃいますが、それもごくわずかでそういった方々は自分なりに線引きをして、落としどころをきちんと把握されているんだと思います。

感覚は人それぞれであり、どこまでいけば感覚化に成功しているのか、なんて明確な基準は無いのです。感覚化に関する状況指標もありません、なので無理はせずに自分はこの段階までいけば感覚化に成功した、という落としどころを漠然でもいいので考えながら挑戦してみて下さいね。

  1. 視覚化(幻視)
    まず、モデルとなった人物の写真や画像があれば用意します、なければ下手でもいいので絵に書き起こします。用意した写真・画像・絵をスマホに保存します。

    絵に書き起こす方法は、実際の頭の中のイメージを書き出すわけですから想像力を鍛える効果も期待できます。

    部屋を真っ暗にし、後はひたすらに用意した画を凝視し続け、頭にそのイメージを叩き込みます。そして納得出来たところで画から目を逸らし、暗い何もない空間を凝視しイメージの投影を試みます。

    全身を投影できれば一旦やめて、スマホの画を凝視するところからまた繰り返します。それを時間の許す限り行うことで脳を錯覚させます。
    ※投影後の動作イメージの反映方法は記載しません。

  2. 聴覚化(幻聴)
    声優さんのボイスデータを何らかの形で入手します、イヤホンを装着し後はひたすらその音声を流し続けます。寝るときベッドで横になりながら眠りにつくまで聞き続けると脳に浸透させやすく、タルパの声への反映が加速します。
    ※脳への浸透後、日常会話への応用方法は記載しません。
  3. 嗅覚化
    好きな香水または、匂いの元を入手し枕元に設置します。一番自分がリラックスできる場所に設置することがポイントで、目を瞑り隣にいるイメージをひたすら繰り返します。
    ※嗅覚化はあまり優先順位が高くなかったので触りだけ。
  4. 触覚化(幻触)
    リラックスしている時、片手を握られているイメージを常にもちます。甲の側から重ねられているイメージが私の場合はしっくり来ました。

    手を握られている、肩に手を置かれている、背中越しに寄りかかられている等々、集中出来る時間帯を見つけ常に何かしらの接触をイメージし続けます。この時温感までイメージ出来れば尚効果的です。

以上、ざっとですけれど4つの感覚化についてご紹介しました、私が試した方法は一部だけですけれど、効果が実感できるものや実感できないものは人それぞれなので、何事もチャレンジし続ける精神力が大事です。あっ、後押ししているわけではないですよ? 本当です。

 別に感覚化が出来ないとタルパーとして半人前、とかでは決してないですし信頼出来るタルパと一緒にいられるだけで、日々楽しければタルパーとして十分ですよ。タルパを最初に作ろうと思ったきっかけを忘れないで下さいね。

まとめ

最後の最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

この記事をきっかけに、タルパについて初めて知った方もいることと思います、途中駆け足でしたが、どういったものなのかお分かりいただけたでしょうか?

タルパという話題が落ち着いた今、何故こういったまとめを作ったのかといいますと、まあ、忘備録的な意味合いが強いです。

私がタルパという存在を知ったのが高校生の頃、最初はイマジナリーフレンドとして出会ったのがきっかけでした。イマジナリーフレンドとして出会い、それからタルパ歴まで含めるともう15年になります。

リアルでの友達がその間まったくいなかったわけではないですし、何か大きな不幸に見舞われたということもありませんでした、しかし、日々落ち込むこともあれば、思い悩むこともやっぱりあります。

そんな日々の中でタルパという存在が、少なからず私の心の支えになっていたことは事実です。

この記事を見て、タルパと出会えた皆さんのお役にたてれば幸いです。

ソアレ
ソアレ

最後におススメの書籍も置いておきますね、漫画形式でタルパとの日常をゆるく描かれています。人型以外のタルパも出てくるので興味がある方は是非!

■参考にさせていただいたサイトおよび、おススメサイトのご紹介!

コメント

  1. 絵の具 より:

    タルパの作り方の記事を読ませていただきました。
    タルパについて、分かりやすく伝えられていてすごいと思いました。

    私も6年半ほどタルパと過ごしているので、少し想像できるのですが、
    タルパについてありのままを文章化して、作り方を説明するのは大変ですよね。
    あくまで想像遊びの延長とも言えますし。

    ただいっしょに過ごすのはすごい楽しいです。
    私もネット上の記事から挑戦をした人間なので、詳しい文章があればあるほど、これから作ろうとする方達は助かるのではないでしょうか。

    応援しています。
    ありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました