【レビュー】iphone|Androidスマホやパソコンの画面をテレビに-AnycastSで簡単ミラーリング!

ガジェット-PC関連

どうも、管理人のソアレです! 当記事ではスマホの画面やパソコンの画面を、テレビに無線出力することが出来るミラーリング機器『AnycastS』についてレビューしていきます。

以前まではパソコンの画面をテレビに出力したい時、HDMIケーブルを接続しテレビに出力していたのですが…この度引越しを経て見事にケーブル長が足らなくなりました。無念。

そんな途方に暮れる私を救ってくれたのが、今回ご紹介するAnycastSだったのです。無線ということで難しい設定が必要かなと思っていたのですが、全然そんなことはなかった!

コスパの割りにむっちゃ優秀なAnycastS、まずはメリット・デメリットをお伝えします。

■AnycastS ≪メリット≫
スマホやパソコンの画面をWIFIでテレビに出力することが出来る
専用のアプリやドライバは不要で簡単に接続が出来る
接続デバイスにあわせて接続方式(モード)の切り替えが不要
コスパに優れている

■Anycast S≪デメリット≫
iphoneだと一部有料動画アプリが利用できない(Netflix/Amazon Prime Video)
無線環境によっては遅延などで快適に使用できない可能性がある

規格≫
ブランド:KOSYNC
商品重量:81.6 g
梱包サイズ:18 x 9.2 x 1.8 cm
メーカー型番:KSC-WLHDMI07
カラー:ブラック
対応機種≫
スマートフォン/タブレット/ノートブック(iOS7.0以上/ Android 4.0以上/ Windows 7以上)
Windows7以上とされていますが、サポートも終了しますし個人的にWindows8.1以上をオススメします。
ソアレ
ソアレ

次の項から実際の使用感を交えてお伝えしますね。

私がAnycastSを推す理由と実際の使用感について

見せてもらおうかAnycastSの性能とやらを…ということでまずはAnycastSで出来ることからお伝えします。

前述の通りAnycastSはWIFIを使用して、スマホやパソコンの画面をテレビに出力させることが出来ます。

当然接続中であっても接続元の機器であるスマホやパソコンは操作出来るので、動画に限らず写真を見たりゲームが出来たりするわけです。

家庭の使用に限らず会社などでプレゼンをする際なんかにも使えますね、動画を見ることだけではなく幅広い使い方が出来るのもAnycastSの魅力の一つといえます!

私の場合はユーチューブなどの動画を家族で見る目的で購入しましたが、動画遅延も無く画質低下も無い…購入してからこの4ヶ月快適に使用出来ています。

また、無線でのミラーリングは初めてだったので上手く設定出来るか不安でしたが、初期設定も簡単で普段からパソコンを使用している方なら長くても20分あれば設定完了すると思います。

当記事でも設定の仕方について解説していますので、興味のある方は是非参照下さいね。

機器の準備と初期設定の仕方について

Anycast手と比較

機器の準備

今回設定時の使用端末は下記タブレットを使用しています。なのでスマホをお持ちの方は、タブレット部分をスマホに置き換えて参照下さい。

タブレット:LG au Qua tab PX LGT31
android version:7.0

また、スマホは下記の端末で設定後の動作確認まで出来ました。普段ミラーリングで使用している方はこちらです。

スマホ:AQUOS sense SHV40
android version:9

ソアレ
ソアレ

スマホは既に設定してしまった後だったので、タブレットで説明します。

iPhone(iOS)とパソコンの設定方法は後述しますが、私の手持ちがandroidとパソコンなのでiPhone(iOS)については簡単な説明のみとなる事をご容赦下さい。

それでは早速、機器の準備からご説明しますね!

まずは付属の①WIFIケーブルに、②AnycastSを接続します。

次に①テレビのHDMI端子へ②AnycastSを接続、➂もう一方WIFIケーブルにある電源供給用USBをテレビにUSB端子があればテレビへ、テレビにUSB端子がなければ私のようにコンセントから電源を供給する必要があります。

接続イメージは下記のようになります、ここまで出来たら機器の準備は完了です! 

接続イメージ

接続イメージ

初期設定に入る前にテレビのリモコンから入力切替で、AnycastS接続先のHDMI番号へ画面を切り替えておきます。下記の画面が出れば次に進みましょうっ。

テレビ画面-入力切替後

テレビ画面-入力切替後

初期設定の仕方

タブレットからWIFI検索画面を開き、テレビ画面のDongle SSIDに記載のあるWIFIネームへ接続する。接続時のパスワードもテレビ画面にPassword(上記だと(12345678))の記載があるので、接続時に求められた際は入力します。

画面はタブレットのWIFI検索画面

画面はタブレットのWIFI検索画面

接続が出来たら、アプリからウェブブラウザアプリ(今回使用したのはGoogle chrome)を起動し、画面一番上のアドレスバーにDongle IPを入れます。

ブラウザアドレスバーにDongle IPを入力

ブラウザアドレスバーにDongle IPを入力

あとはLolipop Home画面が出てくるので、下記画像の①~③順番で押していきましょう。

ここまで出来たらとりあえず一旦休憩挟みましょう、余裕な方はそのまま続行!

準備完了の方は、とりあえずテレビ画面を見て欲しいのですが……テレビ画面右上のWIFI SSIDに家庭のWIFIが表示されているか確認します。

※もし表示されていないようなら途中の手順を間違えている可能性があります。

テレビ画面-WIFI SSIDに家庭のWIFIが表示されている

テレビ画面-WIFI SSIDに家庭のWIFIが表示されている

無事に表示されていたら、表示されている家庭のWIFIへタブレットから接続します。

最後!! ミラーリングするために、タブレットから『キャスト』をしなくてはならないのですが、その方法は下記2通りあります。

①クイック設定からキャストする
②GoogleHomeアプリからキャストする

端末がクイック設定からキャストできるようなら問題がないのですが、対応していない場合はGoogle Homeのアプリから設定する必要があります。

■クイック設定から『キャスト』が対応している場合

AQUOS sense SHV40 で androidのバージョンが 9 だと対応していましたが、タブレットはバージョンが古かったのか対応していませんでした。

なので、GoogleHomeをインストールして設定を続行しました。

Google Home

Google Home

Google LLC無料posted withアプリーチ

GoogleHomeアプリを起動したら初期設定を聞かれますが、無視して『使ってみる』➡『Googleアカウントの選択』➡『位置情報を求められるので拒否』で下記①の画面にいけます。

無事に④キャスト先の選択までいけたら、完了です! 設定後の画面は下記に載せておきます。

一度設定してしまえば今後は、家庭のWIFI(テレビ画面右上のWIFI SSID)に接続➡キャストでいけるはず!

iphone(iOS)の場合

①とりあえず、初期設定からLolipop Homeの設定までは同じ手順です。

②テレビ画面右上のWIFI SSIDに家庭のWIFIが表示されているか確認します。

テレビ画面-WIFI SSIDに家庭のWIFIが表示されている

テレビ画面-WIFI SSIDに家庭のWIFIが表示されている

無事に表示されていたら、表示されている家庭のWIFIへ接続します。

➂スマホ画面を下から上へスライドし下記画面より画面ミラーリングでいけるはず。

ショートカットバーからミラーリング

ショートカットバーからミラーリング
説明書より一部抜粋

パソコンの場合

対応しているパソコンは『Windows8.1/10』および、一応Windows7(推奨しません)も。

Windowsキー + P を押下して投影パネルを表示させ、『ワイヤレスディスプレイに接続する』をクリックします。

接続の画面で『Mirroring-****』をクリックし、接続。

以上……あれ? むっちゃ簡単ですね。Windows8.1/10の殆どは対応しているそうですが、一部対応していないパソコンもあるそうなので、購入前にご自身のパソコンが対応しているのか確認されることをおススメします!

下記サイトにてワイヤレスディスプレイに対応しているかの確認方法について記載されていますので、事前に確認される際は参照ください。

Miracastに対応しているか確認(Windows10)

Miracastに対応しているか確認(Windows8.1)

まとめ

正直機器の準備から初期設定手順まで記事にすると長いので動画にしようか悩みましたが、動画環境が無いので泣く泣く記事にしました。

当記事もまだまだ分かりやすくご説明できる部分(iPhoneとかiPhone)があるかもしれませんので、後々その辺も改善できればいいなと思います。

さて、今回タブレットでの無線ミラーリングでしたが、普通に接続できて安心しています。ゲームアプリを起動して少し遊んでみましたが、遅延も少なく安定した動きをしていたので無線の混雑等がなければ快適ですね。

テレビが古くて小さいとか、パソコンの画面で十分という方にはオススメはしませんが、小さい画面ではなく、大きな画面で動画を見たりゲームをしたいという方には是非オススメしたいです!

マキナ
マキナ

テレビにHDMI端子が無い方でも、下記のような変換機器を使用することで解決できますよ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました