【初心者向け】レンタルするならXSERVER(エックスサーバー)一択な理由

ブログ運営

XSERVER(エックスサーバー)が選ばれるのには訳がある

ソアレ
ソアレ

どうも皆様、管理人のソアレです。今回は当ブログ運営でも使用されている、XSERVER(エックスサーバー)についてみていきたいと思います。

マキナ
マキナ

エックスサーバーは、『高速・高機能・安定性』の3つを高水準で満たしており、悩んだらエックスサーバーと言われるくらい多くの人から支持を得ています。

ソアレ
ソアレ

うん、そうだね。私もブログ運営をしていて、不自由に感じたことは一度もないよ。

私はブログ運営に踏み切る際、サーバーに悩む時間が惜しいからとエックスサーバーを選びました。ですがその判断は正しかった…有料ですがコストパフォーマンスにも優れ、初心者にも優しく安定したブログ運営を目指すには最適なサーバーを選択できたと自信をもって言えます。

エックスサーバーが選ばれるのには訳がある…これからブログをはじめる人にもオススメ出来るよう、使用感なども併せて詳しく書いていきたいと思います。

XSERVER(エックスサーバー)の強みとは

では、さっそくですがエックスサーバーの強みは『高速・高機能・安定性』から成り立っています、順番に解説します。

XSERVER(エックスサーバー)の強みとは

≪高速環境≫
・高速性を重視した最新サーバー
・総計1.14Tbpsの国内高速バックポーン!(2019年3月現在)
・ WordPress最大10倍高速化&さらなるアクセス耐性強化!


皆様も経験はあるかもしれませんが、サイトが表示されるとき読み込みに時間がかかりイライラしたことがありませんか? エックスサーバーは高速性を重視した最新サーバーの構成を採用しています。

容量も200GB以上と大きく、サイトに動画や画像をある程度掲載しても余裕のある運営が可能です! 私もゲームのスクリーンショットを張ったり、YouTubeの動画を張らせて頂いたりしていますが、ページの表示速度が遅れることもなく重さを実感することもないですね。

※まぁ、一般的な個人ブログの運営にかかる容量が40GBからと言われているので、その凄さが分かりますねっ。

また、中でも個人的に嬉しかったのが『WordPress最大10倍高速化』と『アクセス耐性強化』です! WordPressについては別途記事にするので、後ほど併せてご紹介できればいいのですが、WordPressはブログやホームページを作成するソフトです。

当ブログ記事なんかもWordPressを使用して作成されています、世界中のサイトの7割がWordPressを用いて作成されていることから、エックスサーバーは現在の主流に合わせたサーバーであるということが分かりますね。

アクセス耐性についてもブログが大きく成長し、アクセス過多でサーバーがダウンしたなんて事態を予防することが出来ます。オンラインゲームをやっている方は、経験があるのではないでしょうか?(ゲーム中にサーバーが落ちて強制ログアウト➡緊急メンテとか)

他にもFastCGIやキャッシュモジュールにも対応したりと、新しい技術を取り入れる姿勢にも好感が持てますよね。

充実な機能

≪充実な機能≫
・マルチドメイン・メールアドレス無制限
・独自SSLを無料で利用できる
・WordPressやショッピングカートを簡単にインストール

続いて充実した機能について、ブログ初心者にとってマルチドメインや、メールアドレス無制限はあまり恩恵を得られないかもしれません。初心者で複数サイトをいきなり運営するというのであれば、最大限にその恩恵を受けられるかもしれませんが!

たぶん、独自SSLを無料で利用出来るという点が一番ありがたいですかね。SSL化はhttpから始まるサイトURLだと第三者に盗聴および、改ざんされてしまう危険性がある為、SSL化を用いてhttpsとすることで通信を暗号化し安全性を高めるというものです。

私のようにブログ運営初心者の方なんかは当然そういった知識も少ないので、通信の暗号化なんかを簡単に設定できるのは助かります。

各種設定はエックスサーバの管理パネルから直感的に操作できますし、分からないことがあればネットで調べればすぐに出てきます。つまりエックスサーバーを利用している人がそれだけ多いということでもありますね。これも強みの一つです!

また、管理パネルから前述したWordPressをインストールすることも出来ます。

安定した稼働を実現する管理体制

≪安定した稼働を実現する管理体制≫
・安定のサーバー稼働率99.99%以上
・お客様データの消失を防ぐ、自動バックアップ機能を標準提供!
・充実したサポートで初心者も安心

エックスサーバーは24時間365日体制のデータセンターにて管理されていて、稼働率は99.99%以上を誇る・・・なんか子供が悪ふざけで使うような冗談みたいな数値ですが、防災対策の行き届いたデータセンターでの管理ならば納得です。当然停電対策もされていて、昨今のデータセンターは、常時電力を送電できる仕組みが整っていますので電源が突然落ちる心配もないです。

しかもサポート体制も充実していて24時間メールサポートを受け付けてくれたり、電話での相談も平日10:00~18:00(土日祝を除く)も専任のスタッフが対応してくれたりと至れり尽くせりです。

XSERVER(エックスサーバー)の口コミ・評判

◆充実した機能・サービスにもかかわらず、低価格で利用でき、すばらしいコストパフォーマンスです。

◆今までいくつもレンタルサーバーを使ってきましたが、エックスサーバーほど安定しているサーバーはありませんでした。ストレスや不具合もなく、快適に使えていますので、すごく重宝しています。

◆初心者でわからない事ばかりでしたが、丁寧・親切なサポートですごく安心できました。土曜日の夜に問い合わせたのに、翌日の午前中に回答をいただけて大変助かりました。

公式サイトから一部抜粋させて頂きました、コストパフォーマンスの良さ、安定した運用、丁寧なサポートに関するご意見が多いように感じました。やはりユーザビリティ溢れるサービスを意識しているからこその評価だと思いますっ。

XSERVER(エックスサーバー)気になるプラン設定について

次からは各契約プランと契約期間ごとの利用料金についてみていきましょう! エックスサーバーはレンタルサーバーですので利用するには定期的な費用がかかります。ここに抵抗を感じる方は、無料サーバーからブログ運営をはじめるという選択肢もあります。

ですが、私はブログ初心者であっても有料サーバーからはじめることを推します。なぜなら無料サーバーではコンテンツに不適切な表現があったり、レンタルする企業のポリシーに違反すると最悪ブログを停止される恐れがあるからです。これはブロガーにとって致命的です。

※他にも後々有料サーバーへの切り替えを行う際に、ブログを移行する手間がかかる等のデメリットがあります。

それからお金が絡むと安易に妥協できない、というメリットもあります。今ならプラン10日間無料でお試しも可能ですし、実際に使用してみて「なんか想像してたんと違う!」とならなければ契約を一考してみてはいかがでしょうか。

X10プラン
※初期費用は一律3,000円です。

X10プランでの性能について
・ディスクスペース≫200GB ※X20プラン『300GB』/X30プラン『400GB』
・データベース≫50個 ※X20/X30プラン共に『70個』

契約期間利用料金合計
3ヶ月 1,200円×3ヶ月
6,600円(税込7,128円)
6ヶ月1,100円×6ヶ月9,600円(税込10,368円)
12ヶ月1,000円×12ヶ月15,000円(税込16,200円)
24ヶ月950円×24ヶ月25,800円(税込27,864円)
36ヶ月
900円×36ヶ月35,400円(税込38,232円)

契約更新時お支払い料金表

契約期間利用料金合計
1ヶ月
(カード自動更新)
1,000円×1ヶ月
1,000円(税込1,080円)
3ヶ月1,200円×3ヶ月 3,600円(税込3,888円)
6ヶ月1,100円×6ヶ月 6,600円(税込7,128円)
12ヶ月1,000円×12ヶ月 12,000円(税込12,960円)
24ヶ月
950円×24ヶ月 22,800円(税込24,624円)
36ヶ月900円×36ヶ月 32,400円(税込34,992円)

※表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜きです。

X10プラン以上の性能での契約は個人ブログでは活かしきれない為、こちらには記載しません。X20とX30プラン共にディスクスペースとデータベースが変わるくらいで、基本的なサービスはX10もきちんと受けられるので安心ですね。

詳細は下記、公式サイト➡上部メニュー『機能一覧』にて確認できます。

公式サイト➡上部メニュー

まとめ

『高速・高機能・安定性』についてユーザーから高い信頼があり、かつコストパフォーマンスにも優れている。私の周りでエックスサーバーを使用している方からも不満を聞いたことがないですし、まだまだ駆け出しブロガー(RPGの称号とかにありそう)な私もブログ運営する上で満足しています。

私なりに再度ホームページを確認させて頂いたり、プランについて調べてみましたが初心者の方にも分かりやすいようマニュアルが完備されていたりと、改めてサイトを運営する人のことを考えられてサービスが提供されていると感じました。

この機会にぜひご一考あれ!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました